読書 インプット道場

悪意 東野圭吾

2019年7月1日

悪意 東野圭吾

ミステリをお探しならぜひ

推理小説が嫌いではなく、何冊かは読破しているという人に是非おすすめしたいのが、この「悪意」です。

賢明な読者なら読み始めてすぐ、「ははぁん、こういうことかな」と勝手に推理が働くしかけがあり、そのすぐあとに「まさか」が連続する。

「こうじゃないか」「まさか」「ひょっとするとこうかな」「まさか」という感じで話が二転三転して、私もゴロゴロと転がされているうちにすっかり翻弄されてしまいました。

そして意外すぎる結末のあげく、衝撃の「悪意」の本質が告げられて幕を閉じます。

翻弄される面白さは東野圭吾作品の中でも上位ではないでしょうか。

東野圭吾からの「悪意」

この作品は、小説であればこそのテクニックとトリックをふんだんに用いた、まさに推理作家・東野圭吾の悪意に満ちた挑戦的な小説となっています。

冒頭から、二重三重の罠があり、しつこすぎる刑事がいて、その刑事の動きすらを利用するしかけがあり、それすら見破って真相に迫る徹底した疑いがあり、ついには「人はなぜ人を殺すのか」という哲学的な問いに切り込んできます。

この動機の謎こそがこの小説の最大の焦点となっています。

特筆すべきは刑事加賀恭一郎の執拗な疑いと、しらみつぶしの捜査力にあると私は思います。

読者はまるで捜査員の一人として加賀と共に犯人を追い詰めるべく捜査しているかのごとき臨場感のある筆致で捜査編は綴られています。

その一方で、「書かれていることは真実である」という小説の基本的構造に食って掛かるアンチテーゼが展開されており、加賀の推理さえ真偽が読めなくなってくる。

よって、あくまで公平に伏線とヒントがちりばめられているにも関わらず、すっかりトリックにはまってしまい、なにが真実かわからない。

しかし、優秀な加賀刑事はついに真相を突き止めて、完璧な立証で見事に読者を満足させてくれます。

真実でないものをすべてあぶり出そうとする静かな迫力に圧倒されるし、とても共感できました。

こんな技がまだあったのか!

真相を知って私が最初にしたことは、もちろん最初から読み直すことでした。

そしてあまりにもしたたかな作者のやり口に舌を巻いてしまったのです。

これは犯人対刑事の頭脳合戦の物語ではありません。

作者から読者への狡猾な挑戦と思えてくるのです。

私などはその秀逸なしかけにすっかり心酔して、ああ、あなたはなんて偉大な作家でしょう、と心から賛嘆したくなってしまったのでした。

ミステリを少しでも知っているなら是非読んで欲しい。

こんな手法の推理小説もあるのかと、きっと驚くに違いありません。

 

\みんなに紹介してね/
この記事のタイトルとURLをコピーする
created by Takoyan

-読書, インプット道場
-

© 2020 ゴリアスの副業道場