映画 インプット道場

ボックス!

2019年7月5日

ボックス!

たくましい半裸にズキュン

ボックス!は、ボクシングを題材としたスポ根小説を原作とする爽やかな青春映画です。原作は百田尚樹。

迫真のボクシングシーンをふんだんに盛り込んでおり、若い男子が逞しい半裸を惜しげもなく披露するという、女性が思わず釘付けとなりそうな萌え要素を備えています。

だいたいのあらすじ

主人公は市原隼人が熱血好演の「カブ」。

ボクシングの天才的な才能を持ち、ケンカ好きで鼻っ柱の強いヤンチャな高校一年生。

もう一人の主人公である高良健吾演じる「ユウちゃん」は、真面目で気弱な優等生。

特進クラスに在籍しており、運動部とは無縁な存在です。

この二人は実は幼馴染で、いじめられっ子とそれを腕力で守るガキ大将という関係でしたが、ユウちゃんの引越しにより疎遠となり、それ以来音信不通となっていました。

そのため、さらなる引越しでユウちゃんが地元「大阪」に戻っていたことも同じ高校に在籍していたことも知らなかったカブは、ユウちゃんがヤンキーにからまれている所にたまたま出くわし、ヤンキーを華麗なボクシングで退治。運命的な再開を果たします。

そこで、カブはユウちゃんに一緒にボクシングをやろうと誘います。

ユウちゃんは自分には無理と感じるが、カブは「ボクシングは頭脳のスポーツだからコツさえつかめば頭のいいユウちゃんなら絶対強くなれる」と口説き落とします。

やがて、ユウちゃんは努力を積み重ねることで本当に強いボクサーになり、カブは紆余曲折を経て、才能だけに頼らない本物の強さを手に入れる、というお約束の展開に。

二人は同じ強敵に敗れ、最終的にはカブがそのリベンジに挑むのですが、はたして天才が努力の末に得たのは勝利か敗北か。

圧巻のボクシングシーン

スポーツを脚本にするのはかなり難しいと感じています。

なぜならそのスポーツにおけるかけひきのドラマを、ルールを知らないひとにも理解してもらいながら、それでいて説明のせいで冗長にもならず、面白さをずっと保たなければならないからです。

それにはうまいストーリー運びだけでなく、そのスポーツに必死に打ち込んでいるというキャラクターの説得力も必要です。

その点、この作品の見どころは、鍛え抜かれた市原隼人と高良健吾の肉体と、出演者たちの驚くべきボクシングの技術力の高さだと思います。

二人の立ち姿はまさにボクサーのそれであり、筋肉の付かた身のこなしに充分な説得力があります。

攻撃・防御にきちんと性格付けがなされており、それぞれのボクシングスタイルを自分のものしているあたり、相当の修練を積んだ物と思われます。

前の記事で紹介した「武士道シックスティーン」における、対決シーンのウソ臭さはまるでなく、スタントや吹き替えもなさそうに思えました。

ここまでやる必要はあるのか、と疑問に感じるぐらい、たっぷりと時間を使って「ボクシング」をやっているのです。

さらに、ラスボスの“浪速のレボリューションX”こと稲村は、当時現役のボクシング選手の諏訪雅士だというから、そこまでやるのかと思わずにおれませんね。

ラストファイトにいたっては諏訪選手が「市原くんも本気で殴って、僕も気持ちは本気で打つ。もし途中でどちらかが倒れても仕方がないという撮影だったんです」と語っているインタビューがあるので、二人が、そしてスタッフが、どこまで真剣であったかがよくわかります。

ボクシングや格闘技などに興味のない人間には、もしかするとつまらない映像だったかもしれませんが、二人の素晴らしい技術の功績もあって映画でボクシングをここまで見せようとする試みは成功していると思いました。

だってカッコイイんだもの。みんな。

だから、ヒロインの女子(谷村美月)が、リングに立ち汗を流すカブの姿が「生きてる」って感じでカッコイイと表現していたことにもどこか共感できるのです。

オススメできる良作

しっかりと泣ける要素もあり、見応えのあるボクシングシーンとイケメンの肉体美、ハニカミまじりの熱い友情に男も女もグッとくる。

熱い友情と汗臭い青春映画部門でオススメできる良作と言えると思います。

ただ私としては、どうしても最後の勝負の結末への持っていき方に不満があります。正直、なにが起こっているのか理解できずにあっけにとられちゃったので。

それでも、登場人物の肉体美だけでも見る価値があると思いますので、もしよろしければご覧ください。

 

\みんなに紹介してね/
この記事のタイトルとURLをコピーする
created by Takoyan

-映画, インプット道場
-, , ,

© 2020 ゴリアスの副業道場