SEO対策 稼げるブログコース

ブログ初心者はタイトルのつけ方で損をする

2019年11月5日

門下生
「どうしたら記事をみてもらえるの?」
「タイトルが重要らしいけど?」
「いつもタイトルのつけ方で迷う」
そのお悩みお任せ下さい。押忍!
ゴリアス

こんな方におすすめ

  • 記事がなかなか見られなくてなげいている人
  • タイトルのつけ方がわからない人
  • 自分がつけたタイトルが正解かどうかわからない人

そして、この記事を読めば問題が解決します。

なぜなら、

私は複数のブログ、YouTubeチャンネルを運営しており、副業で6桁まで稼いでます。ブログ歴は2年以上、YouTube歴は5年以上です。詳しくはこちら

ブログ初心者はタイトルの付け方で損をする

business, background, blog

あなたの記事がどんなに素晴らしくても、どんなに人の役に立とうとも、読まれなければこの世に存在しないのと同じです。

 

ユーザーに読まれるか読まれないかは「タイトル」で判断されています。

 

例えば「なんか疲れたから、なんか食べて寝る」というタイトルでは誰も見向きもしません。

疲労回復!30代男子の夜食おすすめレシピ3選」なら、少しは見られる可能性が上がるでしょう。

 

タイトルは、お店の看板です。

タイトル一つで、ユーザーの反応は大きく違ってしまいます。

タイトルには、ある固有のユーザー像(ペルソナ)に訴えかけるようなキーワードを入れなければなりません。

 

今の例では、30代男子をフォーカスしていますし、寝る前のお疲れのタイミングに訴求しようという狙いがあります。

ちなみに、私はブログを書くときにタイトルを最初に考えます。

もちろん後で修正することの方が多いです。

 

が、とりあえず記事を書く前にタイトルを考えています。

そのあと、見出しを考えて、最後に記事本文の順番です。

 

例えば上の例で言えば、

タイトル「疲労回復!30代男子の夜食おすすめレシピ3選」

・30代男子の夜食におすすめする麺類

・30代男子におすすめ!夜食に疲労回復の効果

・”健康夜食”30代男子のおすすめ超簡単レシピ3選

という感じの見出しを考えておきます。

見出しにも「30代男子」「夜食」「おすすめ」のキーワードが全部に入っています。

記事を書く時に変更することもよくありますが、これで大枠の見通しが立ったことになります。

それもこれも、タイトルを最初に決めなければ、何も始まりません。
ゴリアス

故にタイトルのつけ方がブログのすべてと言えるのです。

初心者は不正解のブログタイトルを知っておくべき

mistake, spill, slip-up

ダメなタイトルにはパターンがあります。

1.キーワードが入っていない

2.誰に向けて書いているのかわからない

3.何が得られるかわからない

4.具体性がない

例をあげましょう。

 

1のキーワードが入っていない、のパターンは、「なんか疲れたから、なんか食べて寝る」のようなタイトルのことで、例えば「夜食」とか「ラーメン」とか、人の目を引くような言葉を入れるべきです。

疲労回復!30代男子の夜食おすすめレシピ3選」なら、疲労回復、夜食、おすすめ、レシピ、とキーワードが入っています。

 

2の誰に向けて書いているのかわからないのパターンは、「秋コーデ、全部揃えるならユニクロ」のようなタイトルですね。

「誰が?」とか「誰に?」というツッコミが入るようなら、このパターンになっているかもしれません。

今の例なら「ユニクロで揃える若い女性に人気の秋モテコーデ」ぐらいの方がいいでしょう。

 

3の何が得られるかわからないパターンは、「山手線、早朝から20周回ったったwww」のような感じです。

「それが?」とか「それで?」というツッコミが入るようだと、このパターンの可能性があります。

この例でいうと、「山手線を周回してすべてのトイレの場所を確認せよ」となると、ちょっと利便性が見えてきますよね。

 

4の具体性がないパターンは「星降る夜、人生のあり方について考えが深まった」みたいな感じです。

「どうして?」みたいなツッコミが入ると、このパターンになるかもしれません。

リタイアした後も、より良い人生を過ごしたいあなたに3つのアドバイス」ぐらいの具体性は欲しいですね。

なんとなくでも、いいタイトルとダメなタイトルの違いを理解してください。
ゴリアス

初心者用:ブログタイトルの簡単なルール

referee, sports, fair

たくさんのことを覚えるのは大変なので、タイトルを決める簡単なルールを決めておきます。

①キーワードを決める

②誰あてに書くか決める

③何が得られるか伝える

④具体的な数字などを入れる

要するに、ダメなパターンの逆張りです。

 

例えばキーワードを「風邪、マスク」にします。

→「風邪、マスク」

そして、「絶対に仕事を休めない人」という、30~40代のサラリーマンを対象とします。

→「風邪で絶対仕事を休めない人のマスク」

何が得られるかについては、「効果的な予防法」ですね。

→「マスクで大丈夫?風邪で絶対仕事を休めない人の効果的な予防法」

最後に具体性を挿入します。

→「マスクで大丈夫?風邪で絶対仕事を休めない人の5つの効果的な予防法」

いかがでしょうか?

順を追って考えると、それほど難しくありませんよね。
ゴリアス

あとはパターンなので、何度も練習しましょう。

初心者にとってブログタイトルの道は険しく遠い

今回ご紹介した技が”タイトル道”における正解のすべてではありません。

私自身も日々、研究している身です。

 

ただ、一つ言えるのは、タイトルも本文と同じく直したくなったら直せる、ということ。

あなたの渾身の記事に全然アクセスがあがらないなら、きっとそれはタイトルのせいです。
ゴリアス

思い切ってタイトルを変えてみるのも手かもしれません。

以下の記事も参考にしてください。

 

\みんなに紹介してね/
この記事のタイトルとURLをコピーする
created by Takoyan

-SEO対策, 稼げるブログコース

© 2020 ゴリアスの副業道場