映画 インプット道場

家族で観たいオススメ映画7選

2020年1月6日

今回は、家族で観たいオススメの映画を紹介します。

家族で観たい映画の基準

projector, movie projector, cinema

家族で観たいオススメの映画を選ぶうえで基準にしたのは以下の3点です。

・安心して観られるファミリー向け
・子どもが共感できる感動がある
・もう一度観たい、もしくは続きが観たい

なので、あまり最新作かどうかは考慮していません。

私自身は、映画の脚本家を長く目指していたので、映画についてはそれなりの見識があります。

それほど多くはありませんが、年間100本ほどの映画を観ていた時期もあります。

 

そんな私が実際に鑑賞して本当にオススメしたいと感じた7作品を紹介します。

おすすめ映画7選

それでは、オススメの映画を紹介します。

インクレディブル・ファミリー

インクレディブル・ファミリー

おすすめ度・・・・・★★★★★
 完成度 ・・・・・★★★★★
 熱中度 ・・・・・★★★★★

・痛快、爽快、アクション映画
・ハラハラドキドキの超能力対決
・家族で楽しめる映画のお手本

 

現時点では最高峰のアニメーション映画です。

最新のCG技術を駆使した美しい映像、エキサイティングなカメラワークと手に汗握るアクション、そして肝心の人間ドラマと、どこを切っても超のつくハイクオリティです。

14年前に公開されて大ヒットとなった「Mrインクレディブル」の続編ですが、問題なく観られますよ。

詳しくはこちらをチェック!

 

SING / シング

SING/シング

おすすめ度・・・・・★★★★★
 感動度 ・・・・・★★★★★
 絶唱度 ・・・・・★★★★★

・何度でも観たい気持ちのいい映画
・明瞭で安心感のあるストーリー
・歌でつなぐ感動のラストパフォーマンス

 

子どもから大人まで、みんな満足のスーパーライブを楽しめる一本です。

この映画は、最後のライブシーンのためにエピソードをコツコツと積み上げて、ライブで一気にカタルシスに上り詰めるという趣向の映画です。

詳しくはこちらをチェック!

 

プーと大人になった僕

プーと大人になった僕

おすすめ度・・・・・★★★★★
かわいい度・・・・・★★★★★
 教訓度 ・・・・・★★★★★

・王道でハッピーなストーリー
・前半の展開と後半の収斂が秀逸
・見失っていた大事なものを再発見

 

この作品は、プーさんのことをよく知っている人の方が楽しいのはまちがいありませんが、まったく知らなくても楽しめないような映画ではありません。

家族で観て、とても楽しい、ハッピーな映画です。

プーさんが繰り出すちょっと哲学っぽいメッセージが、子どもにも大人にも刺さります。

詳しくはこちらをチェック!

 

インサイド・ヘッド

インサイドヘッド ピクサー

おすすめ度・・・・・★★★★★
 納得度 ・・・・・★★★★★
意味深長度・・・・・★★★★★

・現代的にメンタルを映画化
・考えつくされた構成で納得感が大きい
・できれば繰り返し観たい

 

人の価値観を変え得る作品です

哲学的で、それでいて現代的で、とても科学的で、ときめくようなファンタジーで、実に奥深い。

子どもが観ても大人が観てもちゃんとメッセージが伝わる、そんな作品です。

詳しくはこちらをチェック!

 

美女と野獣

美女と野獣

おすすめ度・・・・・★★★★★
 映像美 ・・・・・★★★★★
 名作度 ・・・・・★★★★★

・古典的名作の実力を堪能
・子どもも楽しめる愛の物語
・ミュージカルの入門にうってつけ

 

古典なので、話を面白くする仕掛けがいっぱいです。

超達成困難な問題とタイムリミットというカセに悶絶。

完成されたストーリーを彩る究極の映像美に感動します。

詳しくはこちらをチェック!

 

くちびるに歌を

くちびるに歌を

おすすめ度・・・・・★★★★★
 合唱度 ・・・・・★★★★★
涙腺崩壊度・・・・・★★★★★

・充分に説得力のある合唱のうまさ
・あらゆる人間へのリスペクトを感じる脚本
・何度観ても涙があふれる名作

 

音楽や人間に対する深い愛情を感じました。

スタッフやキャストのみんなが思いを込めた優しい作品なんだと思います。

なにより、主題歌「手紙 〜拝啓 十五の君へ〜」に込められた思いをしっかり咀嚼し、把握し、理解して、脚本と融合させている点で、この作品は名作中の名作です

詳しくはこちらをチェック!

 

ペンギン・ハイウェイ

ペンギン・ハイウェイ

おすすめ度・・・・・★★★★★
 驚愕度 ・・・・・★★★★☆
 哲学度 ・・・・・★★★★☆

・秀才少年の深層心理に感情移入
・ミステリアスなお姉さんにくぎ付け
・異常現象とそれを整理する知性の対決

 

あれこれと考察しながら見るもよし、ただただ受け入れるもよし。

知性と衝動の間でゆれる少年の気持ちにひたりながら、2時間の心地よい体験ができます。

特にSFが好きでなくても、この映画の世界観のとりこになれますよ。

詳しくはこちらをチェック!

お気に入りの一本を見つけましょう

cinema, movie, camera

オススメの7作品の中に、気になる映画はみつかりましたか?

今回は有名どころを紹介しましたので、できれば全部見てほしいと思います。

ちょっと時間のある時には、いい映画を家族で観ましょう!

 

\みんなに紹介してね/
この記事のタイトルとURLをコピーする
created by Takoyan

-映画, インプット道場

© 2020 ゴリアスの副業道場