稼げるブログコース 書き方

ブログを書き終わったら一度は見直して【7つの手順】

2020年1月22日

門下生
「書き終わったけど不安」
「確認事項をを知りたい」
「見直しをしたいけどどうやって?」
そのお悩みお任せ下さい。押忍!
ゴリアス

こんな方におすすめ

  • ブログ記事の書き方が不安な人
  • 記事の見直し方を知りたい人
  • できるだけ離脱率を下げたい人

そして、この記事を読めば問題が解決します。

なぜなら、

私は複数のブログ、YouTubeチャンネルを運営しており、副業で6桁まで稼いでます。ブログ歴は2年以上、YouTube歴は5年以上です。詳しくはこちら

ブログを書き終わったら一度は見直して【7つの手順】

business, office, team

早速手順を紹介します。

①ペルソナが抱えている問題は解決できているか
②キーワードが入ったタイトル、見出しになっているか
③冒頭で読者の興味を引いているか
④本文は結論、理由、根拠、結論の形になっているか
⑤E-A-Tを意識できているか
⑥内部リンクは適切でリンクミスがないか
⑦声に出して読みにくい箇所はないか

 

ブログ記事を書き終わったところで、いきなりアップしてしまう人もいると思います。

ですが、一度深呼吸して、もう一度だけ再確認しませんか?

なぜなら、この一呼吸の違いで、離脱率が大きく上がってしまうかもしれないからです。

 

実際、誤字脱字やリンクミス、強調のバランスの悪さで離脱率が上がることはわかっています。

せっかく一番見てもらいやすいできたての記事を、ワンランク上の状態でユーザーに提供しましょう。

このひと手間の差が大きいですよ
ゴリアス

ペルソナが抱えている問題は解決できているか

head, avatars, human

そもそも、あなたが想定したペルソナの悩みは何でしたでしょうか?

 

記事を完結させたことで、当然その問題も解決していなくてはなりません。

最初にタイトルと見出しをきちんと立てていると、この問題はほとんどおきません。

しかし、思いつくままに記事を書いていると、

門下生
もともとの問題ってなんだっけ?

と、なりがちです。

見直してください!
ゴリアス

キーワードが入ったタイトル、見出しになっているか

structure, plan, coding

多くの初心者の記事でも、タイトルはキーワードで作られています。

同じように見出しにもキーワードがはっているかというと、忘れがち。

門下生
見出しも?
SEO的に意味があります!
ゴリアス

キーワードは左側によせて、タイトルや見出しに入れてください。

冒頭で読者の興味を引いているか

desk, notes, notebook

記事の冒頭は極めて大事です。

冒頭が甘いと読者にすぐに離脱されてしまいます。

冒頭に悩みが書いているか?
その悩みを解決できること伝えているか?
その根拠も示しているか?
読み終わった後の読者の姿を想像させているか?

門下生
こんなに書くんだっけ?
徹底的に見直しましょう!
ゴリアス

 

本文は結論、理由、根拠、結論の形になっているか

whiteboard, strategy, diagram

記事の形は、

①結論
②理由
③根拠
④結論

です。

専門的にはPREP(プレップ)法といいます。

①こうすれば問題が解決できます。
②なぜ、できるかの理由はこれです。
③具体例はこれです(図表などあるとなおいい)。
④だからこの方法で問題が解決できます。

3~5行の間で、この4つを記述します。

無駄な説明、重複、まわりくどい言い回しは全部カットしましょう。

E-A-Tを意識できているか

seo, sem, marketing

SEOで依然重視されているのは「専門知識、権威性、信頼性」(いわゆるE-A-T)です。

E-A-Tとは、Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、 Trustworthiness(信頼性)の頭文字をとって省略した呼び方です。

一番大事なのは専門性です

あなたの持てる専門性がきちんと文章に表せているかを確認しましょう。

 

専門用語が書かれているだけでなく、それを詳しく説明しながら使うというのも専門性ですよ。

出典があきらがでない「らしいです」「だそうです」「とのことです」などのワードはNGです。

内部リンクは適切でリンクミスがないか

chain, link, metal

単純なミスで、大きな損失なのはこのパターンです。

リンクは必ず自分で踏んでください。

それだけで、大きな損失から逃れることができます。

声に出して読みにくい箇所はないか

book, reading, love story

最後は「音読」です。

誤字脱字、装飾の過多、読点の数

ここで直せることはしっかり直しましょう。

 

スマホビューで音読してみると、文字のつまり具合や、太文字とか色文字の多さなどにも気づきやすいので、せっかくならスマホビューで音読しましょう。

ブログ記事は7つの手順で見直しするまで終われない

road, sky, desert

もう一度、手順を振り返ります。

①ペルソナが抱えている問題は解決できているか
②キーワードが入ったタイトル、見出しになっているか
③冒頭で読者の興味を引いているか
④本文は結論、理由、根拠、結論の形になっているか
⑤E-A-Tを意識できているか
⑥内部リンクは適切でリンクミスがないか
⑦声に出して読みにくい箇所はないか

 

ブログって書いて終わりではないんですよね。

何度でも書き直せるところが最強の武器なんです。

 

だからと言って、わざわざミスったままアップする必要はありません。

ちょっとしたミスのつもりでも、離脱率が上がりやすいので気をつけましょう。

 

記事の書き方については、私が書いたBrainの記事が網羅的です

SEO対策を意識した記事の書き方に興味のある方はご覧ください。

 

\みんなに紹介してね/
この記事のタイトルとURLをコピーする
created by Takoyan

-稼げるブログコース, 書き方

© 2020 ゴリアスの副業道場