SEO対策 稼げるブログコース 書き方

【初心者必見】SEO対策を意識したブログの書き方【7つの約束】

2019年11月26日

門下生
「SEOを意識するって?」
「上位表示されやすいブログって?」
「結局どう書いたらいいか教えて!」
そのお悩みお任せ下さい。押忍!
ゴリアス

こんな方におすすめ

  • SEO対策のイメージがわかない人
  • 自分のブログが上位表示されたい人
  • 効率的なブログの書き方を知りたい人

そして、この記事を読めば問題が解決します。

なぜなら、

私は複数のブログ、YouTubeチャンネルを運営しており、副業で6桁まで稼いでます。ブログ歴は2年以上、YouTube歴は5年以上です。詳しくはこちら

初心者がSEO対策を意識するブログの書き方とは

search engine optimization, seo, programmer

最初に簡単に要点だけお伝えします。

そのうえで、具体的な戦略について詳しく記述します。

学んだことをちゃんと実践したい人は最後まで読んでください。

①タイトルは本気出す

②最初に大事なことを言う

③見出しに気を使う

④文字主体でわかりやすく

⑤オリジナリティを出す

⑥網羅性を意識する

⑦専門知識を盛り込む

さて、以上がSEO対策で意識するべき7つの約束です。

すでにすべて意識できているという人には、この以下の記事は役に立たないかもしれません。

しかし、一つでも”意味がわからない”ものがあるとすれば、あなたにとって気づきがある可能性があります。

できれば全部、実践できるようになりましょう。
ゴリアス

ブログ初心者が具体的に実践すべきSEO対策7つ

pinky swear, friends, pinky promise

それではさっそく、一つずつ内容を確認していきます。

①タイトルは本気出す

そのままです。

検索で上位表示されるには、検索される”キーワード”が、タイトルに入っている必要があります。

キーワードを入れつつ、ユーザーが読みたいと思うようなタイトルを考えましょう。

読んでもらうためには、多少、大げさに言い切る方がいい場合があります。

でも、タイトル詐欺はダメです。
ゴリアス

キーワードはできる限り左に入れるという法則もあります。

このへんの意味がわからない場合は、「ブログ初心者がアクセスアップするためのキーワードとタイトル」を熟読してください。

②最初に大事なことを言う

balloon, heart, love

タイトルはユーザーを呼び込むための看板です。

問題は看板によってせっかく来てもらったユーザーをすぐに帰してしまうことです。

 

この”離脱”を防ぐのが記事の冒頭です。

興味を持って訪れたユーザーを引き付けて離さないような冒頭にしましょう。

だらだらと自己紹介している場合ではありません。

 

ユーザーは、この記事を読んだらどうなるのか、何が解決するのか、ちゃんと根拠はあるのか、を考えています。

自分にとって価値がない、と判断された瞬間、ユーザーは離脱してしまうのです。

 

理想的な冒頭は、

・タイトルと関係の深い”悩み”を提示

どんな人を対象にした記事かを明確に

・問題を解決できる根拠、信頼性

を端的にユーザーに伝えるような冒頭です。

記事を読む価値があることがわかれば、冒頭以降も読まれる可能性が高いです
ゴリアス

③見出しに気を使う

見出しも実はタイトル並みに大事だったりします。

狙ったキーワードは見出しにも入れるべきです。

検索エンジンは見出しも大事な部分として認識します。

キーワードの入った見出しはSEO対策的に重要な意味があるということを理解しましょう。

 

またユーザーにとっても適度に見出しが入っている方が見やすいです。

さらに見出しの後に写真が入っていると内容をより理解しやすくなります。

見出しの数は少なすぎるよりは、多い方がいいです。
ゴリアス

積極的に見出しを使いましょう。

④文字主体でわかりやすく

インターネットには、ウェブ上の情報を周期的に取得するGoogleの検索プログラム「クローラー」が巡回しています。

このクローラーがあなたのサイトにも訪れて、記事情報を持ち帰り、その持ち帰った情報を元に検索順位が決められるシステムとなっています。

 

そして、クローラーは画像の意味を理解しません。

特に画像の中に書いている文字を読み取りません。

なので、画像が多すぎるとクローラーが記事の価値を正しく判断しない場合があります。

 

あくまで文字主体であること。

そのうえで、表やグラフなどの資料を交えることは意味があります。
ゴリアス

なぜなら信頼性が高まるからです。

よく、中学生が読んでもわかるように、と言われます。

スマホで流し読みしている読者にも、ちゃんと意味が伝わるような作文を心がけましょう。

⑤オリジナリティを出す

stamp, characters, label

具体的な事例を紹介することは、記事のオリジナリティにつながり、信頼性を高めます。

あなたの意見や、あなたの体験を織り交ぜることはSEO対策的に有効です。

なぜなら、ユーザーにとってオリジナリティのない記事は無意味であるばかりか利便性の低下につながるから。

ユーザーも、ほかのサイトの記事の寄せ集めを読まされるよりは、ここでしか読めない内容を読みたいはず。

当然、Googleがオリジナリティの低い記事を優先することはないでしょう。
ゴリアス

今までなかった新しい情報として、あなたの意見や体験をユーザーに提供しましょう。

⑥網羅性を意識する

fence, iron fence, mesh

一つの切り口に対して、しっかりと考えを掘り下げて、隅々まで記事に込めることで網羅性を高めることができます。

抜け目のない完全な網羅を作ることは困難ですが、だからこそ価値が高いと言えます。

また、一記事ではなく、関連するコンテンツをいくつも増やすことで、内部リンクを強化するのも網羅性を高める方法です。

くわしくは「内部リンクのSEO的な意味と効果的な貼り方について」に書きました。

内部リンクを強化することはユーザビリティとしても有効ですが、SEO対策的にも大切です。
ゴリアス

⑦専門知識を盛り込む

occupation, construction industry, working

SEOで依然重視されているのは「専門知識、権威性、信頼性」(いわゆるE-A-T)です。

E-A-Tとは、Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、 Trustworthiness(信頼性)の頭文字をとって省略した呼び方です。

要するに、あなたは、あなたが選んだジャンルにおいて、専門性、権威性、信頼性をもっていなくてはなりません。

そして、これはSEOだけの問題ではありません。

ユーザーにとってあなたがそのジャンルにおいて、専門性、権威性、信頼性がないのならば、読む価値がないのです。

具体的な勝負所は、専門知識をどれだけ持てるかです。
ゴリアス

権威性、信頼性といっても、急に作れるものではありません。

あなたに、よほどの実績があるか、なにかの資格をもっているか。

そうでもないかぎり、権威性、信頼性の獲得は容易ではありません。

 

要するに、専門知識をたくさんインプットして、それを整理して、完全な初心者にもわかりやすく説明すること。

単に難解な専門用語が飛び交うだけでなく、説明が丁寧であることを加える。

すると、その情報は多くのユーザーにとって有益になります。

 

ユーザーにとって有益である。それがSEO対策なのです。

初心者にとってブログのSEO対策とはユーザー視点を持つこと

eye, blue eye, iris

結局、SEO対策といっても、Googleがユーザーファーストを掲げている以上、ユーザビリティを上げるしかありません。

ユーザーにとって、どうすれば、興味を持てるか、理解が深まるか、納得できるか、読みやすいか、わかりやすいか、次の情報にアクセスしやすいか。

そのためにユーザー視点を持ちましょう。

ユーザーにとって有益であることが、あなたにとっての利益になるのです。
ゴリアス

あなたも、ぜひ7つの約束を実践してみてください。

ブログライティングの基礎知識をつめこんだ私が書いたBrainの記事を読むと、さらに体系的に記事の書き方がわかります。

こちらの記事も参考にしてください。

SEOの基礎を理解してブログ初心者を卒業しよう

続きを見る

ブログ初心者におすすめのPVを増やす方法

続きを見る

 

\みんなに紹介してね/
この記事のタイトルとURLをコピーする
created by Takoyan

-SEO対策, 稼げるブログコース, 書き方

© 2020 ゴリアスの副業道場