稼げるYouTubeコース

初心者がYouTubeで押さえておくべき3つの基本

2019年10月30日

門下生
「YouTubeを始めたものの儲からない」
「YouTubeで稼ぐ方法なんてないと思う」
チャンネル登録者数が全然増えない」
そのお悩みお任せ下さい。押忍!
ゴリアス

こんな方におすすめ

  • 最近YouTubeを始めた人
  • 収益がいまいち伸び悩んでいる人
  • 自分のやり方について不安な人

そして、この記事を読めば問題が解決します。

なぜなら、

私は複数のブログ、YouTubeチャンネルを運営しており、副業で6桁まで稼いでます。ブログ歴は2年以上、YouTube歴は5年以上です。詳しくはこちら

初心者がYouTubeで押さえておくべき3つの基本

YouTubeで稼ぐ3つの基本

現在、YouTubeで収益を上げることは、多くの人がすでに実践している通り、比較的やりやすい稼ぎ方の一つです。

しかし、うまくいっていない人が多いのも事実。

その差はどこにあるのでしょうか?

 

その差こそ、実は稼ぎ方のコツなのです。

 

このコツを実践しているかしていないかでは大きな差があります。

事実、私が運営しているYouTubeチャンネルでは、このコツを実践したチャンネルでは目覚ましい成長が見られました。

知っているだけではなく、実践することが大事なのです。

 

コツは以下の3つです。

①良質なコンテンツを作る

②目的のユーザーにコンテンツに触れてもらう

③ユーザーに次の行動を促す

「なんだ?こんなこと?」とがっかりせず、ぜひ一緒に基本を見直しましょう。

そして、この3つの基本の根底には、「ユーザーに満足してもらうために」という大目的があることをあらためて確認しましょう。

それでは一つずつ具体的に解説します。

良質なコンテンツを作る

一つ目の良質なコンテンツとは、ズバリ、ユーザーにとって役に立つことです。

そのコンテンツによってユーザーの問題を解決することができるかどうか。

大事なのはそこです
ゴリアス

具体的には、キーワードを決めたあと、ユーザーの立場に立って

・どこに問題や悩みがあるのか
・どうすればそれが解決するのか
・解決できる根拠・裏付けはなにか

の3つの点について考えます。

 

そして「主張」、「根拠」、「裏付け」の3つを順番通りに並べて、コンテンツを編み上げます。

この良質なコンテンツが作りこまれていないと、この先の話は意味がありません。

あとは、それを説明する動画を撮影すればOKです。

目的のユーザーにコンテンツに触れてもらう

せっかく作ったコンテンツも目的のユーザーに触れてもらえなければ意味がありません。

そのためにSEOの知識は必要です。

SEOとは簡単に言えば、検索で上位に上がるための技術のことです。

 

この点はYouTubeでもブログでも同じです(YouTubeには明確なSEOは存在しないという話もあります)。

SEOの答え、それは検索結果です
ゴリアス

そこに今現在の答えがでています。

同じキーワードを狙っているライバルのタイトルなどをよく確認しましょう。

 

最も重要なのはタイトルです。

きちんとキーワードが入っていて、内容が明確で、ユーザーにとって問題が解決しそうだと期待を抱かせる必要があります。

 

さらに、タイトルと同時にサムネイルの作り込みも必要になります。

コンテンツの主題と関係ないユーザーを引っ張ってきても、その人を満足させることはできません。

だから、ある程度絞り込んだユーザーを呼び寄せます。

そのためのタイトルとサムネイルです
ゴリアス

もう一つ大事なことは、一つのキーワードについてコンテンツを量産すること(網羅性)。

数あるどれかのコンテンツに触れてもらった上で、さらに本命のコンテンツにユーザーを導くのです。

ユーザーに次の行動を促す

あなたの書いたタイトルに惹かれ、あなたの良質なコンテンツを堪能し、問題が解決したユーザーは満足します。

門下生
ユーザーの満足がそもそもの目的でしたね

目的を達成したご褒美に、ユーザーは一つだけあなたの言うことを聞いてくれます。

だとしたらあなたは何をユーザーにお願いしますか?

・次の動画の視聴ですか?
・チャンネル登録ですか?
・商品の購入ですか?

ここであれもこれもお願いしていると、結局ユーザーは何もしてくれなかったりします。

せっかく満足させたユーザーをきちんと目的地まで誘導しましょう。

この、「満足→誘導→着地」の導線がうまくいくと、YouTubeは稼げるモードに入ります。

初心者がYouTubeで大事にするべき基本はユーザーファースト

ipad, mockup, apple

いいコンテンツとは何かをもう一度考えておきます。

いいコンテンツとは「与えるコンテンツ」ではなく、「求められているコンテンツ」です。

ユーザーが満足するコンテンツであって、あなたが満足するコンテンツではありません。

 

私もそれをよくわかっていなかった時期がありました。

 

私が運営しているあるチャンネルでは、今再生が伸びている動画のトップ10のうち8本が「レクチャー系」動画です。

 

「レクチャー系」とは、何かの問題に対して解決法を解説する動画です。

そもそもチャンネルのメインコンテンツではないシリーズでしたが、今では総再生時間のかなりの部分を「レクチャー系」が占めています。

本来のコンテンツよりも、「レクチャー系」に需要があることに私は長い間気が付きませんでした。

 

しかし、それに気が付いたときに、「いいコンテンツ」とはなにかを知りました。

それは工夫を凝らして「与えるもの」ではありません。

潜在的に「ユーザーから求められているもの」であることを体験として知ったのです。

気づくのに遅すぎることはありません
ゴリアス

あとは「ユーザーが何を求めているか」を知ることができれば、あなたは勝ち組です。

基本を押さえればYouTubeは初心者でも勝てる

thumb, success, successful

「ユーザーが何を求めているか」を知る最大のヒントは、「自分」です。

あなたは今、何かの道において、それなりの経験を持っているはずですが、それと同時に初心者であったころの体験も持っているはずです。

要するに、何かの道において初心者であった頃の自分に対して、今のあなたが”最適な”アドバイスを送ることはできるはず。

 

あなたの経験を伴わない話を、コンテンツの真ん中に持ってくるのは大変です。

なぜなら、数が必要だからです。

”良質な”コンテンツを”量産”してください
ゴリアス

基本的に初心者のYouTubeは結果が出るのが遅い

piggy bank, money, savings

もう一つ肝心なことは、これらの基本をしっかりと抑えたうえで、結果が数字の上にあらわれてくるまで、時間がかかるということです。

毎日アナリティクスを見ていて、たいして反応がないと、多くの人はやる気が失せてしまいます。

・本当にこれであっているのか?
・やり方を間違っていないか?

不安になる気持ちは痛いほどわかりますが、伸びるときはいきなりガバッと伸びます

それがいつ来るかはわかりません。

しかし、来るときには突然来ます
ゴリアス

その日がくるまで、基本に忠実に頑張りましょう。

 

まとめます。

・YouTubeで抑えておくべきコツは、
①良質なコンテンツを作る
②目的のユーザーにコンテンツに触れてもらう
③ユーザーに次の行動を促す
・いいコンテンツとは与えるものではなく求められるもの
・結果がでるまではかなり時間がかかる

 

この記事を読まれた方には以下の記事もオススメです。

 

★☆★完全初心者から収益化までの道★☆★

14章・5万4千字以上の徹底講座です

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★

 

\みんなに紹介してね/
この記事のタイトルとURLをコピーする
created by Takoyan

-稼げるYouTubeコース

© 2020 ゴリアスの副業道場