稼げるYouTubeコース

YouTubeの投稿頻度に正解はあるか?

2020年5月6日

門下生
「YouTubeって毎日投稿が絶対?」
「好きな時にアップするのじゃダメ?」
「投稿頻度の正解を教えて欲しい」
そのお悩みお任せ下さい。押忍!
ゴリアス

こんな方におすすめ

  • YouTubeの毎日投稿に自信がない人
  • 動画を適当にアップしている人
  • 投稿頻度について解説を聞きたい人

そして、この記事を読めば問題が解決します。

なぜなら、

私は複数のブログ、YouTubeチャンネルを運営しており、副業で6桁まで稼いでます。実績はブログ歴2年以上、YouTube歴5年以上で、チャンネル登録者数は1万人以上です。詳しくはこちら

YouTubeの投稿頻度に正解はあります

YouTubeの投稿頻度に正解はあります

YouTube初心者が、おざなりにしがちなのが投稿頻度。

実のところ、なんとなく気が向いたら適当にアップするというスタイルのユーチューバーは、あまりいません。

なぜなら、投稿するタイミングによって、動画の成績が大きく左右されることも少なくないからです。

一方で、毎日投稿というセオリーに縛られて、くすぶっている初心者も少なくありません。

しかし、この毎日投稿が本当に効率のいい戦い方かどうかについては異論があります。

本稿では、正しい投稿頻度の考え方についてYouTube初心者にわかりやすく解説します。

あなたも、効率のいい戦い方を学んで、稼げるYouTuberを目指しましょう!

YouTubeで更新頻度を定期的にするメリット

YouTubeで更新頻度を定期的にするメリット

YouTubeの更新頻度を安定させるメリットは、

・YouTubeのアルゴリズムで有利になる可能性がある
・チャンネル登録者が安心して動画を見てくれる

の二つがあります。

これは予想のレベルの話ではなく、YouTubeの運営側が毎日投稿など定期的な投稿を推奨しています。

要するに定期投稿することで、あなたの動画が検索や関連動画に出現しやすくなる可能性があるということ。

そのようにYouTubeからユーザーにオススメすることをブラウジング機能といいます。

ブラウジング機能については「YouTubeのブラウジング機能について解説します」という記事が詳しいので確認してください。

 

もう一つのメリットは、チャンネル登録者が「この日、この時間になると新しい動画が来る」という期待を持ってくれることです。

あなたとチャンネル登録者との「お約束」として更新頻度を決めるのは悪い方法ではありません。

 

しかし、こと「毎日更新」となると、メリットだけではありません。

そのデメリットについても解説します。

YouTubeで更新頻度を毎日更新にするデメリット

YouTubeの更新頻度を毎日更新にするデメリット

YouTubeの更新頻度を毎日更新にするデメリットは、

・コスパが悪い
・クオリティが下がる
・ネタが尽きて挫折に直結しやすい

ということが考えられます。

 

まず、YouTube初心者がこれに手を出すと、作業量が多すぎてしんどくなるのが早い、という現実があります。

当然、ストックを作っていくことになりますが、だんだん疲弊してくるのでクオリティを維持するのはとても困難です。

また、早期にネタを出し切ってしまい、突如更新できなくなる現象に見舞われて、それが挫折に直結してしまうことも。

毎日更新を宣言したせいで短命に終わってしまう初心者は後を絶ちません。

 

では、最適な更新頻度とは、いったいどんな形なのでしょうか?

YouTubeで更新頻度を考えるならユーザーにより添え

YouTubeで更新頻度を考えるならユーザーにより添え

実は、正しい更新頻度を知るためには、あなたの動画を視聴する対象者(ペルソナ)の気持ちを知る必要があります。

私が運営している鉄道がらみのチャンネルでは、日中はあまり再生回数が伸びにくい現象があります。

特に、土日は鉄道ファンが撮影などに出かけていることが多いので再生されにくいのです。

視聴者は圧倒的に男性が多く、10代から30代が大半です。

基本的に一週間を通して夜間、その日の撮影の成果を整理したあと、動画視聴する傾向があります。

また、私が運営している教育系のチャンネルでは、平日午前中に再生されることが多く、視聴者も55歳以上が大半を占めます。

金曜日はたいがい再生が落ち、土曜日にピークが来るケースが多いです。

 

何が言いたいかというと、チャンネルによってベストな更新頻度や更新時間のタイミングは違うということ。

10代向けの「面白い」を追求した動画なら、毎晩更新しても視聴者がついてきてくれる可能性があります。

しかし、30~40代のいわゆる現役世代のビジネスマンに毎日更新を届けても見てもらえなくなることも。

例えば、連続したドラマを一回見逃したら、なんとなく追いかけるのがめんどくさくなって「もう見なくていいか」となる心理がありますよね。

つまり一週間単位でスケジュールされた生活を送っている人には、それにふさわしい更新頻度があるはず。

 

正しい更新頻度を知るには、あなたのチャンネルのユーザーの傾向を知り、それに合わせて更新頻度や更新時間を何度も調整する必要があるのです。

ゴリアスがYouTubeで実際にやっている更新頻度

ゴリアスがYouTubeで実際にやっている更新頻度

私が実際に行っている更新頻度は、

・月1回
・撮って出し

の2パターンです。

 

更新頻度を「月1回でいい」と言っているYouTuberは、多分私だけでしょう。

しかし、月1回の更新で1年4か月でチャンネル登録者数1万人を達成し、収益も毎月数万円を稼いでいます

つまり、毎日更新しても収益化すらできない人もいるのに、たった月1回の更新で毎月数万円稼げる私もいるのです。

どちらがコスパがよいかは考えるまでもありませんね。

こちらは教育系動画で行っている方針です。

もう一つは、撮って出し。

こちらは鉄道系で、最新の動画を撮ってすぐに編集して投稿するスタイルです。

話題になっていることやモノを動画にするときに、このやり方を習得していると有利です。

撮影、編集、アップまでを数時間でこなすことができると、それこそ毎日更新も可能に。

 

私はこのように、チャンネルに合わせてスタイルを変更し、自分が更新しやすいやり方で、かつユーザーに合わせた方針をとっています。

あなたのYouTubeチャンネルの更新頻度の正解を探そう

あなたのYouTubeチャンネルの更新頻度の正解を探そう

更新頻度はユーザーに聞け

これがYouTubeの更新頻度の正解です。

あなたが、もしYouTubeの更新頻度で悩んでいるなら、動画をアップするたびに再生回数の動きを観察し、徐々に最適化するのが近道です。

誰かが「週2回がいい」とか「毎週土曜がいい」と言っていたとしても、それがあなたのチャンネルでも同じとは限らないのです。

 

まとめます。

更新頻度を安定させるメリットは、

・YouTubeのアルゴリズムで有利になる可能性がある
・チャンネル登録者が安心して動画を見てくれる

です。

しかし、毎日更新のデメリットは、

・コスパが悪い
・クオリティが下がる
・ネタが尽きて挫折に直結しやすい

です。

・チャンネルによってベストな更新頻度や更新時間のタイミングは違います。
・ジャンルが近くても他の誰かのケースと同じとは限りません。

ぜひ、チャンネルと自分に合ったスタイルを見つけて下さい。

 

★☆★完全初心者から中級者までの講義★☆★

【YouTube 1万人 連続講義】完全無料です!

☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

 

\みんなに紹介してね/
この記事のタイトルとURLをコピーする
created by Takoyan

-稼げるYouTubeコース

© 2020 ゴリアスの副業道場